​SPECIAL GUEST ARTIST

里アンナ×佐々木俊之

里アンナが2016年から組んでいるドラマー佐々木俊之とのユニット。

奄美島唄とドラムという編成で、コルシカ島の音楽フェスティバル、Rencontres de Chants Polyphoniquesに出演したのを皮切りに、2017年にはパリ単独公演を成功させました。本来、奄美の島唄は唄と太鼓(チジン)のみで成立するもので、その基本的な編成を大事にしつつ、西洋のドラムを使用するという、全く新しい音楽をお届けします。

佐々木の得意とするジャズ、R&B、ヒップホップといったジャンルのドラミングを取り入れることによって、ジャンルや世代を超えた魅力が溢れます。また、奄美島唄の再解釈という点からも興味深く、元々の歌詞やメロディはそのままに、ドラムとの化学反応のような面白さ、そこに効果的に三線と竪琴の音色が調和し、従来の島唄のイメージを超えた世界を体感できます。クールな伝承音楽をお楽しみください。

 
 

​BES

大阪、堺出身。地元で開催されていた野外ダンスに衝撃をうけマイクを握る。
その後レッドスパイダー、ジュニアの目にとまりYOUNG BLOODへの参加やZUMZUMNIGHTでのライブパフォーマンスで注目を集める。
2007年ファーストアルバム 「MUSIC IS MY ROAD」をリリース。そして翌年リリースされたシングル 「ずっと!!」 がオリコンインディーズチャート1位を記録。
キャリアを積み重ね、ユニバーサルミュージック、ファー・イースタン・トライブ・レコーズより 「Comeinna de DANCEHALL」でメジャーデビュー。
幼少の頃から続けているピアノや独学で覚えたギターを駆使して制作する歌心あるフロウは現場レベルでの評価も高く、制作する楽曲にも音楽センスが溢れている。
その天性の美声と音楽 センスを武器に頂点を目指す。

WATARU

1989年東京生まれ。 

幼少期は空手やサーフィンに親しみ、高校時代には本格的に音楽活動をスタートさせ、サーフミュージックや ハワイアンレゲエ、ヒップホップなどの影響を受ける。今では千葉・外房でサーフィンをしながら、 自身の音楽スタイル “アイランドミュージック“を追求し続けている。

そして、サーフィンへの熱意から2018年プロサーファーとしてのライセンスを狙うため、千葉の海でより本格的なトレーニングを始め、メンタルの強さや、何事へもストイックに向き合う精神を日々鍛錬しながら、楽曲制作やLIVE活動をしている。 日々の体験から作られたWATARUのメッセージは、誰にでも一度は経験したことのある想いや気持ちがストレートに表現されたリリックとなり、様々な世代からも支持を受け、サーフカルチャーに精通し ているミュージシャンやプロサーファーからも多くの支持を得ている。2018年 は、WATARUの原点でもあるサーフィンをより一層追求し、そこで彼が感じたサーフカルチャー やサーファーマインドを音楽に反映していき、まさにJack Jonson,Donavon Frankenreiterのように、サーファー兼ミュージシャンとして、日本を代表するサーフミュージックを今後も展開し、WATARU WORLDを確立していく。

 
 

​NOBU

1988年生まれ、宮崎県小林市出身のシンガーソングライターNOBU 5歳からピアノを習い始め、1997年に兄弟とバンドを結成。まだ9歳だった彼はドラムを担当。

その後バンド活動を続ける一方で14歳から作詞作曲をはじめ18歳の時にバンドは解散し、ソロのシンガーソングライターとしての活動を開始。

2012年アルバム「POWER TO THE PEOPLE!!!」でメジャーデビュー。

2014年メジャーレーベルとの契約解除、熊本の震災など、多くの動機が重なり「いま、太陽に向かって咲く花」の制作に入る。

2017年7月、この曲が再びメジャーリリースシングルとなり、第50回日本有線大賞「新人賞」&第59回日本レコード大賞「新人賞」受賞した。

同年、自身の出身地の宮崎県・小林市のPRソング「田舎女子高生」を宮崎県立小林秀峰高校の生徒と共に制作し反響を呼んだ。 

 

我那覇美奈

我那覇美奈

我那覇美奈

鹿児島県奄美大島名瀬出身。1998年16歳でデビュー。

代表曲は『TEARS ~時間の中で…』、熱闘甲子園2002年テーマソング『終わらない夏』、映画「あずみ」主題歌『ねがい』、初めて故郷・奄美をテーマにつくったエバーグリーンな名曲『月の雫』など。浜田省吾のプロジェクト’’Fairlife’’とのコラボレートや井上陽水ツアーのコーラス、別名義「ミナ・ガーナ」としてカバーアルバムのリリース、あまみエフエムやニッポン放送のラジオパーソナリティーなど、活動は多岐にわたる。

最新シングル『With A Wish』は中外製薬・疾患啓発キャンペーンソングに起用され、全国でライブ活動中。昨年はデビュー20周年のアニバーサリーイヤーとして様々なイベントライブを展開。さらに194号奄美観光大使も委嘱され、奄美出身アーティストが多数参加している「唄島プロジェクト」や自身の音楽活動に加えて奄美関連の活動やイベントも精力的に行なっている。

鹿児島県奄美大島名瀬出身。1998年16歳でデビュー。

代表曲は『TEARS ~時間の中で…』、熱闘甲子園2002年テーマソング『終わらない夏』、映画「あずみ」主題歌『ねがい』、初めて故郷・奄美をテーマにつくったエバーグリーンな名曲『月の雫』など。浜田省吾のプロジェクト’’Fairlife’’とのコラボレートや井上陽水ツアーのコーラス、別名義「ミナ・ガーナ」としてカバーアルバムのリリース、あまみエフエムやニッポン放送のラジオパーソナリティーなど、活動は多岐にわたる。

最新シングル『With A Wish』は中外製薬・疾患啓発キャンペーンソングに起用され、全国でライブ活動中。昨年はデビュー20周年のアニバーサリーイヤーとして様々なイベントライブを展開。さらに194号奄美観光大使も委嘱され、奄美出身アーティストが多数参加している「唄島プロジェクト」や自身の音楽活動に加えて奄美関連の活動やイベントも精力的に行なっている。

鹿児島県奄美大島名瀬出身。1998年16歳でデビュー。

代表曲は『TEARS ~時間の中で…』、熱闘甲子園2002年テーマソング『終わらない夏』、映画「あずみ」主題歌『ねがい』、初めて故郷・奄美をテーマにつくったエバーグリーンな名曲『月の雫』など。浜田省吾のプロジェクト’’Fairlife’’とのコラボレートや井上陽水ツアーのコーラス、別名義「ミナ・ガーナ」としてカバーアルバムのリリース、あまみエフエムやニッポン放送のラジオパーソナリティーなど、活動は多岐にわたる。

最新シングル『With A Wish』は中外製薬・疾患啓発キャンペーンソングに起用され、全国でライブ活動中。昨年はデビュー20周年のアニバーサリーイヤーとして様々なイベントライブを展開。さらに194号奄美観光大使も委嘱され、奄美出身アーティストが多数参加している「唄島プロジェクト」や自身の音楽活動に加えて奄美関連の活動やイベントも精力的に行なっている。

 

JaaBourBonz

沖縄県出身。爽やかハイトーンYASU&ゴツかわいいTAKANOのツインボーカルが特徴。「ハイサイ!!」が合言葉。 キャッチーな楽曲と明るく爽やかなキャラクター、沖縄独特の温かさで初めて見る人も自然と引き込まれていく。 ロックやポップス、バラード、三線ありのライブパフォーマンスは圧巻。
2017年1月リリースのミニアルバム『TreaJaa!!!!!』はTSUTAYAデイリーアルバムランキング全国総合1位を獲得。四国・中国コンサートホールツアーも開催し大盛況におさめる。
2018年3月には5回目となる高知県民文化ホール・オレンジで単独コンサートを大成功におさめる。
TV-CMでは中四国エリアにてフジ(フジ、フジグラン)の夏のキャンペーンソングに4年連続「SUNSHINE」が採用される。 徳島製粉「金ちゃんねぎらーめん」~でっかいねぎ篇~TV-CMソングをかきおろし&メンバー全員でCM出演中。
2019年3月から放映中のDyDo miuの新TV-CMソングに新曲「サンライズ」が採用されている!! 2019年4月。6年間、愛し愛された高知から関東へ進出!!

禎一馬

徳之島高校卒業後、上京。 テレビカメラマンを目指し専門学校に入るも慣れない上京生活やホームシックに苦しむ。

そんな時に出会った島の伝統楽器「三線」。

我流で勉強し2001年頃からアーティストとして活動開始。

関東の沖縄料理屋ライブを中心にライブハウスや野外イベント、福祉施設でのライブと幅広く活動中。 また、趣味であるトライアスロンと音楽の融合を図るべくアスリートシンガーとしても全国のトライアスロン マラソン大会等で勢力的にLIVEを行っている。

貫禄のある風格から紡ぎ出される歌は、島の心だったり、歌の楽しさを感じられると多くの人から 支持を得ている。

内三千代

徳之島出身。

現在、大阪京橋にて、奄美、沖縄料理ハイビスカスを経営しながら、各地でライブ活動を行う。

徳之島、奄美民謡、沖縄ポップス、オリジナルソングなどを届ける。

安田竜馬

1987年4月27日生まれ窓をあげれば波の音が入り込むほどの海が目の前にある家で育ち、12歳の時に家にあったギターを弾き始め歌に興味を持ち始めた。

白い砂浜に透き通る海、きらめく太陽とどこにいても南の島を側に感じられる歌を、アコギやウクレレなどアコースティックオーガニックサウンドを基盤に発信し続けている。

6曲入りEP SING FORをCD、配信にて発売中!

​MC

楠 雄二朗 / U.K.

1974年生まれ。

MC、リポーター、DJ、ラジオパーソナリティとしてTV、ラジオ、イベントなど様々なメディアで活躍中。

【主な出演】

◾️ MBS:「ちちんぷいぷい」木曜レギュラー

◾️ eoひかりチャンネル:「ゲツ→キン」金曜レギュラー メインMC

◾️ MBSラジオ:「U.K.ビートフライヤー」メインDJ

◾️ FM-OH!「U.K.&優のオシャレパッソでドコ行こう?!」DJ

◾️ KISS-FM「KISSBREAKRADIO with U.K.」サウンドクルー

​他、多数出演

​てぃだ SPECIAL BAND

Guitar
 Daisuke Ueta
Bass
Ryuji Iseki
Keyboard
原田雄大
Drums
吉野  順也

​OPENING ACT

BREAK THROUGH

ライブ構成、演出、楽曲などをメンバー自身が 中心となり表現して行く!! 
新時代のダンス&ボーカルグループ 「BREAK THROUGH」
キャッチーな楽曲からエモーショナルな楽曲まで、 幅広く展開し独自の世界観で見る者を魅了し続けている。 
個性豊かなメンバーが織りなす世界観は必見!! ファンとの一体感のあるライブが特徴。 
結成時からシングルはオリコンチャート上位を記録。 

 
  • Facebook
  • Instagram